社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

オリエント急行の殺人

アガサ・クリスティはお子様向けver.の「ABC殺人事件」とあと何だったかオカンが買ってたやつを読んだ気がする。
映画化に伴うネタバレ回避の為に読まねば!

という事で「オリエント急行の殺人」(アガサ・クリスティ/ハヤカワ文庫)読んだ。
でもよく考えたらトリック知ってたかもしれん。「読むこたぁないだろう」と本絡みのインターネッツまとめでゆるいネタバレ見ちゃったような。
それでも面白い。
登場人物全員が怪しい、怪しいけど違うような気もする。
よくよく考えたら無理やりなんだよなぁ、でもすっとこどっこい感はあんまり無い。
ポアロは細かいとこまで見て覚えてはるけど、しんどくないんかなー。そういう人だから”名探偵”が務まるのか。

映画は登場人物の心理にフォーカスされている、と聞いたような気がする。知らんけど。
閉ざされた環境で犯人・トリックを暴いていくスリリングさが強まってそうで、面白そう。