社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

足るを知りたい

昨日は足るを知りたい、と思いながら帰ってきた。

色々話してる中で「各地にライブ観に行く位のファンが居る方がバンドとして活動続けていきやすいのか」という流れになった。
その時は「なるほどなぁ」「みんな元気だよなー」程度に思っていた。
んだが。
その後も「何処行くん?」みたいな話になったり、当たり前のように各地に観に行く人の話聞いたりしてるうちに落ち込んできて。
他の地方に行くんじゃなく、京阪神に来てくれるのを観に行く、じゃだめなんだろうか。
観たいから観る、じゃだめなんだろうか。グッズも欲しいから買う、じゃだめなんだろうか。
バの字だけじゃない、他だってそんな感じ。まだ演劇に比べたらマシな方かもしれない。
ライブ行ってナンボみたいになると、たくさん行けない自分が辛くなる。
物理的に厳しい。
色々趣味やってるのもあって支出はなかなか減らないし、「ライブに行く」事自体の準備やら後始末やらも気になる。
元々東京やら東北やら行く時にはいらん事心配して不安になる性質で一時期治まってたんだが、いつの間にかぶり返している。
気にすんな、と言われても気になるものは気になって仕方がない。
だからライブ兼ねて旅行しちゃえ☆とはなりにくい、楽しみ以上に色々気になって不安である。
人それぞれ考え方がある、けど何かしんどくなってきた。
行く人はめっちゃ行くし、こんな自分でも他の人から見たら「めっちゃライブ行ってるやん」なのかもしれない。
上を見てもキリがない。
そこは「よそはよそ、うちはうち」と割り切れたらよいのだけど。
「みんな違って、みんなよい」筈なのに否定されてるみたいでさ。
どうもモヤモヤする。
だから「自分はここまで楽しめて満ち足りてるではないか」という”足る”を知りたい。知って落ち着きたい。

・・・等と考えてしまうのも空腹の成せる技だったのかどうなのか。
どう転がっても報われないのかもな。

とりあえず、そっとしておいてください。

煩悩は大晦日を待たずに叩き潰せたら楽なのになー。