社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

"ACTION! 100000VOLT" 40th ANNIVERSARY -Return of the Regend- 山水館 at 神戸VARIT.

普段とはちょっと違うライブを観てきた。
(今年はわりとそんなん多いんですけども・・・)
まさか山水館観る日が来るとは。
身バレ怖いんであんまり詳細は書きませんが。
もしお察しの方ございましたら、そっとしておいて下さい。
あと本文不愉快な方は”そっ閉じ”をお願いします。

VARIT.は勝手が分かるハコなんだけど、今日はちょっと違う。
入場待ちがどんな状態でも何も言われない。普段だったら「道開けてくださーい!」ってめっちゃ言われるし整列もしっかりさせられる。
ハコ電話予約だったのでチケットの方の後に入る。それ以降の枠もあったっぽい。
2階で観られたらなぁと思っていたが関係者席だった。そこだけ惜しい。関係者席の後ろで観たかった。
司会っぽいアナウンスが流れる。あと何分待てばよいか等の指示があると安心する。
開演前とはいえ撮影NGの貼紙もアナウンスもあったのに撮ってる人あって、それはアーティスト問わないんだ・・・と思った。
キーボード観ようとして観る場所考えたのに全然見えない、というのもいつも通りである。かなしー。

山水館、むっちゃかっこいい。
プログレ寄りなのかなぁと勝手に思っていたが、普通にハードロックである。
わりとからっとしてる。
ハードロック、ハモリ大事。すごい。
ロックにキーボードあると華やかでよいな。
YCたんを使ってるライブを観るのは初めてである。使ってるアーティストは何人か知っているが。
いいよーがっつりした音。あのちっちゃい体でごつい音が出る。何の遜色も無い。
弾く人のパワーなんかなぁ、とも思うが。しっかり鳴らしてると、それに応えて音もしっかり出てくるのかな。
キーボード観に行った心算なのに、ドラムもガン見してた。
ドラムソロ、あんなにドラムって多彩な音出るんだなぁ・・・と改めて思った。語る語彙力が無い。
ヨシロウさんかっこいいな。細くて顔ちっちゃくて綺麗。
だけど声もベースもパワフルである。すごい。
ベースのピックアップ光ってた。音も違ってくるのだろうか。
ツイとかで熱心なファンの方を多々お見かけするのだが、ライブ観た今、すっごいその気持ち分かる。かっこええ。
ギターも勿論かっこいい。
マーシャルもっと積んだらいいのにーって観てたが、敢えてそうしないのがかっこいいんだろう。
(というかBABEL沼含め今年聴いてる音楽がいろいろとおかしいだけなような気がする)

ヨシロウさんが何度も「夢の続き」と仰っていたのが印象に残っている。
ずーっとロック一筋に生きてこられたであろう方の言葉だから尚更。

ファンの方もずっと応援してこられたんだろうなぁ。
ヨシロウさんの名前を呼ぶ声、「カッコイイ!」って声が高い。所謂”黄色い声”って、初めて聴いたかもしんない。
普段行くライブでも名前呼びはあるしMCに対して声援飛ぶけど、あんな「いやぁん」みたいな可愛らしい高い声じゃないもんなぁ。

で。
アンコール待ってたらSE流れてきまして。ステージ上にはアコギ。
嘉門タツオ出てきた!
あ・・・ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
おれは山水館を観に行っていたと思ったら、いつのまにか嘉門タツオを観ていた、
な・・・何を言っているのか わからねーと思うが

・・・とポルナレフ状態だった。
今年のニュースを寝たにした替え歌メドレーくそ面白かった。
日馬富士ネタって最近すぎるやん。
鼻から牛乳」も生で聴けるとはなぁ、大爆笑したわー。
あと麻婆豆腐食べたくなって困っている。
山水館やACTIONとは長い付き合いとのこと。
NHKのオーディションが一緒だったとか、ヤンタンで山水館の歌使ったりとか。
すごいなぁ。

最後にもう1曲やって終演。
いやーすごいすごいって語彙力無い人になってるけど、すごかった。かっこいい。
ロック楽しい。
あとやっぱりロックにキーボード必要よ。4台くらい使うような。
こういうバンドがもっと出てきたらいいのになぁ。

どうでもいいニュース:
嘉門さんもミッシェル・ポルナレフお好きだったのか!