社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

今日の深紫

実際のお稽古は昨日だったが、打ち込みetc.進捗無し。
ピアソラ弾いてました。
あとsyrup16g聴き会。
お師匠さんは仕事柄もあってかコード進行・メロディなどを分析的に聴かはる。
自分もそうありたい・・・が身についてない上に語彙力もないので「すごーい」で一括表現してしまう。

台風で雨風すんごい中、公開クリニックとやらに行って来た。
発表会ライブ前に先生方に聴いていただいてあーだこーだアドバイス頂くやつである。
暴風警報出たら中止・・・と聞いていたが、代替日が無いので決行とのこと。
いつものあれか、「午前中の人はやったのにズルイ」警戒してのことか。
時間繰り上げて2バンド同時進行でやるからシンセが無い。
毎年本番でオクターブの感覚おかしくなる上に今回は弾くシンセによってそこら辺の扱い変わってくるから出来ればEX様で弾かせて欲しい。
(ベース知らんから何とも言えないが、アクティブとパッシブ、指弾きとピック弾きくらいの差はあるかもしんない)
という事でスタート遅らせて他所さんが終わってからこちらに持って来て貰う事にした。
そういう事情無くても進行遅れますわな。
どうなるかと思った、色んな意味で。
件のリフはドラム、ギターどっちに合わせてよいか悩む。
ドラムに合わせるのが正しいんだろうけど、ギターと微妙にずれるのは良いのかどうなのか。それもグルーヴのうちっつうことだろうか?
ギターとぱしっと合って自分の音が解らなくなるの、面白かったんだけどなー。そういう問題じゃないのか。
今年はいいアドバイス頂いてよかった、EX様で練習させて貰えてよかった。

もう1回練習して本番。
まだ戸惑う事もあるけど、楽しみだ。