社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

今月のギターマガジンがヤバい

※感じ方には個人差があります(2017/10/18追記)

以前こういう記事書いたら、結構長い期間このおばか日記の「注目記事」トップに挙がっていた。
sociologicls.hatenadiary.jp
未だにグーグル・ヤフーの検索でこの記事見はる人が結構あるらしい。
謎である。
鍵盤の人やねんで。

しかし。
今月号は凄い通り越してヤバい!
表紙からしてインパクトでかい。
Guitar magazine (ギター・マガジン) 2017年 11月号 (CD付) [雑誌]
※↑からポチっても自分には一銭の得にもならないので安心してポチって詳細ご確認くださいまし
出るの知ったのがピエール中野のツイートというところからしてヤバかった、雑誌で発売前からずーーーっと心待ちにするのも久しぶりでヤバかった。
実物はもっとヤバかった。
キタダさんが「名越マガジン」と仰るの分かる。

ビッグマフの歴史・・・当時の科学技術の平和的利用がビッグマフだったんだなぁ。
AKAIサンプラーにまで話が繋がるとは。
元々はサスティンを伸ばすものとして開発されていたそうだ。
あまりにも知らなさ過ぎた。
ざっくり「ガーンって爆音・轟音で鳴らしたい時のビッグマフ」という認識だった。
違うんだねぇ。
個体差がおおきいのがまた好きな人にはたまらんのだろうなぁ。いいなぁ。
白い四角いコンデンサ、「お豆腐みたい」って読んでたら「高野豆腐」って言われててわろた。
機材詳しくない人でも写真だけで楽しめる。

CD良いです。名越さん・小松さん・中尾さんの3ピースのだけでリリースされてもいいはず。雨に似合う。
やっぱり時期によって違うんだな、ある時点から音の丸さが全然違ってきてた。
8トラック目(オペアンプ回路のやつ)、11トラック目(レッドアーミー)、14トラック目(2017年)でおお!違う(気がする)!とど素人でも解った。
名越さんモディファイはいい感じにえげつない。それを受けたベースもかなり歪ませてあったような。。。
因みにワジー試奏はまたガラッと違う。同じフレーズで比較がしやすくなっていた。
26トラック目のが好き。

ビッグマフ愛好者として卓郎や百々さん等がコメントされてた。
良かった、卓郎ビッグマフ大好きだもんね。
複数の方が「kocorono」が挙げてはる。そりゃそうだわ。
「JACK NICOLSON」のスコアもあるよ!カポ買うとこから始めなきゃ(ってそこではない)。

あとプレゼントが名越さんのサイン入りビッグマフ。
恐れ多くて踏めない・・・が、それだけでええ音になってそう。

ビッグマフ踏んで似合う人間になりたい。
誰がどんなギターを弾いてもビッグマフの音になるそうだが、そうは言っても今の自分には贅沢すぎる。もうちょっとがっつり弾けるようになってからだよ、ねぇ・・・。
来来世くらいなら大丈夫か?

‪※2017/10/18追記
スゲーヤバイーと語彙力喪失していて、友康さんがアンプ試奏してはるのを見落としてました((((;゚Д゚)))))))‬

どうでもいいニュース:
表紙にもなってるあのデザイン、自分が生まれた年からなんだ!同い年!(というのもどうかしてる)