社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

今日の深紫

今日はスタジオで練習。
初めてのスタジオは、どんな機材があってどんな風に自分の音が返ってくるのか気がかりである。
事前にHPで機材の確認はするけど、モニターどんなんとか、行ってみないと解らない。
うちのYCさん担いで行った。
そこら辺は非常にやりやすいスタジオで良かった。チェーンじゃないとこはそういうとこが充実している。
関係ないけどアンプもいっぱいある!

相変わらず”遠慮の塊”ではあるけれど、まぁ本番までには何とかなるかなぁという感じ。
そこは慣れた方が多いので。
上がりきらないのは仕方がないのかな。ギターもベースももっとガツーン!とごっつい音で弾いてくれはってええんですよ。ハードロックは爆音でやりたい。
コピバンのやり易さ気楽さに慣れてしまっていた。
(今思うとギターさんの音でかいのにくるりやフジのおとなしめの曲にしっくり馴染むのって不思議。すげーなー)
関係ないけどコピバンの方も色々曲の入れ替わりがある。
「夢の花」outは悲しいけど仕方がない。秘かに「冬のミルク」推したけどあかんかったな・・・。

ギターさんのボードが素晴らしくて素晴らしくて写真撮らして貰いたかった。プロみたいなん。

で、休憩の時にドラム叩かせて貰った。
ハイハットってオープンする時に踏むんだと思ってたが、逆もあるんだなぁ。。。
「Discommunication」のイントロに挑む心算がどっか行ってしまった。わりとどうでもいい。
でも適当なりに叩くの楽しくなってきた。
「ガーデン」「サイケデリック後遺症」観た時思い出しながら左手でタム回しっぽいの叩いてみたりしてね。
もうちょっと叩けるようになりたいなぁ。
・・・って、今日の感想そこ?

どうでもいいニュース:
トーキン織り込むの断念しました。
キーとテンポ変えたら面白くなかった。。。