社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

充実

「キツネツキ」のデモCDポチったのがもうすぐ届く。たのしみだー。

色々充実してる秋。
福島大逆襲
芋煮会、お疲れ様でした。
キャンペーンで東北回っても決して関西にいらっしゃらないのは、マイApple製品失くすからだったのかねぇ・・・。
マニヘブ来阪の時は失くさないように祈っておきますよ、身代わりに「Apple」って書いた紙失くしておきますよ。
何ならiPhone 4sの箱から出てきたAppleマークのステッカー失くしとくし。
音楽と人
THE BACK HORNは「何も変わらねえよ」って、変わり続けてきたバンドだと思う。「何処へ行く」の歌詞じゃないけど。
20年の歩みについて、それぞれ語る内容は違うのだけど、ちゃんと同じ方向を向いているし、バンドについてどう”在る”べきなのかちゃんと把握してはる。
しかしこのタイミングで表紙でもよかったのになー。来年が20周年だから、その時のお楽しみなんだね!
TOSHI-LOWさんのインタビュー良かった。
何も無く、「今夜がある」事が希望であり、愛である、と。
それを歌い、伝えるのは難しい事だろうと思う。
ところで「酔っ払って横で寝てる友達」は細美のみーちゃんかしら。
・skream!
逆にヒット曲が無くてよかったんだと思う、THE BACK HORNの場合は。
あったらあった、縛りが出来たら出来たで色々悩まなきゃいけない。
栄純が見る景色がまた違うんだろうなぁ。
「アラフォー戦国時代」も”らしい”なぁ、と。「本多さん、気をつけろ!」は容易に想像ついた。
滝ちゃんだったらミックスもお茶の子さいさいだと思ってた。意外。こだわりだすとキリの無い、ほんの少しの変更が大きく影響するところだろうしなぁ。
・ROJ続き
フレデリック、「オドループ」の呪縛という話が出ていたが、それよりもその次のリード曲が「オワラセナイト」で似たような曲調続いてよかったのか?と思った。
こういうバンドですよ!って分かり易い、だけど「またかよ」って思われる可能性もある。
他にも面白い事が出来る、直球だけじゃなくて変化球も投げられる筈、そういう実力のある人達だろうに勿体無いなぁ・・・とラジオ聴いてて思っている。
(実際、いい直球も変化球も投げられるバンドなんだよなぁ)
フレデリックだけじゃないけど、最近そんなん多いわ。
迷走しまくるよりはいいのか。
直球投げ続けるか、迷走しすぎるか。
ドーン!と1曲突き抜けちゃわない方が、色々試せてよいんだろうか。
RGのROJあるある・・・思わず表紙見た。確かに。