社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

syrup16g COPY発売16周年記念ツアー「十六夜 <IZAYOI>」【四夜】 at なんばHatch

syrup16gに関しては妙にチケット運が良いのは気のせいだろうか。
「Hurt」の時は取れたら御の字のが取れたし、「Kranke」の時は実質前から2列目。
今回は2階最前列。多分「ライブ・イン・ザ・サン」以来じゃないかね。
缶バッジに惹かれて「delaidback」を会場予約する。

以下ネタバレあるかも注意。
セトリ・MCの詳細はググったら色々出てくる(雑)。




SEが流れて登場、元気いっぱいなの、五十嵐?えええ?スキップしてたように見えたの気の所為?
逆光なのでシルエットががっつり見える感じ。ギターの色がわからん。
淡々と・・・と思いきや、ギター持ち替えの度に「ありがとうございます!」とMCがある。
テレキャスメイン?にストラト赤とサンバースト、全てが赤いジャズマスター?、アコギ色々出てきた。「Share the Light」でSG。
他にもあったかもだ。
ボード気になる。流石にそこまでは見えない。
兎に角ギターかっこいい、こんなにかっこいいギター弾く人だったっけ?他所からギタリストでお呼ばれしそうだよ!?
そして音が優しい、エフェクター踏み替えやフィードバックすら優しかった。思いっきりフィードバック鳴りまくりだったのに(多分)。
足軽く上がるのは観たかも。
で、こんなに喋る人だった?
そりゃMC少ないけどさ、ひるめしMCする訳無いけど。
ぼそぼそっとしか喋らないイメージだった。
キタダさん渋かった。
殆ど立ち位置変わらないままだったけど、ダブルアンコールの時、イントロでソロ叩きまくるタイコさん側、アンプに手を置いて「おーやっとるやっとる」みたいな感じで向いてはった。
あとお客さんから声援あった時に手を振ってはった。わー!
静と動、静が五十嵐とキタダさんなら、動はたいこさんである。
魅せるドラム。
VOLA含めて、ちゃんと見えたの初めてではないだろうか。
立ち上がる瞬間も見えた、元々椅子高めなのかしら。
ビスタライトに脚が透けて綺麗。
サイケデリック後遺症」のタム回しは思わず口ずさんでしまった(エアで)。
たいこさんのMCって今まであったっけ、「COPY」について「今演奏していてもゾッとする」と。
どんな「ゾッとする」かは解らない、ただそれだけ絶妙なバランスで成り立ってた「COPY」であり、syrup16gだったんだろうなぁ。
リリースされてから16年、オリンピック4回くらいだって。
メンバー紹介もたいこさんから。
「ベース、キタダさん!」「ギター、がっちゃん!」という紹介がすごく”らしい”気がした。
アンコールの時は五十嵐が「素晴らしいリズム隊の皆さんです」とお二人の演奏に被せて紹介してた。

あと、客席のゆらゆらが美しいのも印象的だった。
上から観てると、それすらも演出のように見えたぞ。

曲は「COPY」からは勿論、最近の曲も・・・か。
「パッチワーク」生で聴けただけで感無量。
しかしシロップってこんな力強い、がっつりしたバンドだったっけ。不思議な感じ。
前は固唾を飲んで観る感じだったような。
危うさがない、どっしりと“其処に居る”感じ。
過去2回のライブレポ振り返っても、今回のツアーほどエモい感じはしてなかったっぽい。
それが不思議な感じで。
他のバンドのエモさ、激しさとも違うんだ。怖いくらいどっしりした安心感的なナニカがあった。それすら怖いわ!
本編最後、「今日は何曜日?」「土曜日じゃなかった」から「土曜日」。
こんなエモい曲だったっけ。
最後、五十嵐が「土曜日なんて来る訳ない」を繰り返す中、キタダさんとたいこさんがそっと去っていった。
もー早い。
アンコール2回は一層どっしりエモかった、でも早い。なんでこんなにシロップのライブは早く感じるのだろう。

ほんと、シロップって愛されてるねぇ。
って、毎回思ってるような。
いつも言葉失くして「すげえすげえ」って帰って来ては他の方の感想漁るっていう。
こういう時に「いつも」って言えるとは思ってなかったなぁ。
3回も生で観られるなんて!

「九夜」どうしよう・・・今回のツアー観られたからいいや、と思ってたけどやっぱり観たくなってきた。うわあん。

どうでもいいニュース:
Hatchの電子ポスターみたいなやつ、普段撮らないしツイッターとかに上げたりしないんだよなぁ。

と思ったが「Hurt」の時にも撮ってた。→このとき