社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

今日の深紫

今年の発表会ライブの練習に行って来た。
ヤ○ハが練習場所用意してくれるんだけど、正直30分で出来る事はあんまりない。ほんとに”ごあいさつ”程度だ。
しかも空いてる教室に機材放り込んで終わり、な状態で。
ドラムさんが左端で他の人見ながら叩けないのが不便だった模様。
わーBABELスタイルみたいーだったら卓郎の位置だねー、て鍵盤ど真ん中ってキーボードの発表会以来だ。
いや、嘘。「銀河」の時以来か。
ギター・ベース聴こえないし。ボリュームは上がってたらしいが。
アンプの位置が悪かっただけじゃないと思う、あれは。
(それともBABEL沼の影響かね)
まだまだみんな不慣れなもんで、スコア通りじゃないとややこしいかなぁ、と思いながら弾いていた。でもオブリは適当。
「Talking Machine」入れるとか要らん事してる場合じゃなさそう。
逆に入れるなら次回の練習で「そういうバージョンもあるんですよ」って顔して弾くしかないのでは。

なんか”遠慮の塊”だったなぁ。
それじゃ話進まなさそうだったからあーだこーだ言ってたんだが、不躾だったのでは・・・とちょっと悩んでいる。
ああー失敗しても流れ止めなかったら別にいいから、ガツーンとした音で演って欲しかったし自分も演りたかったよう(泣)。

どうでもよくないニュース:
キーボードのトランスポーズは戻して帰れバカモン。