社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

秋の話が

今年の響都の宴「夢十夜」の詳細きましたな。
詳しくは「怒髪天」か「響都の宴」で検索検索ゥ!(えらい雑な)

怒髪天でも特に大好きな辺り、「FREIHEIT YEARS 1999-2004」「EARLY TEICHIKU YEARS 2004-2006」のどちらか行けたらなぁ・・・と考えていた。
流石に「EARLY TEICHIKU YEARS 2004-2006」では「美しき誤解」やるっしょ。
坂さん仰るところの「ギョッとした」は「美しき誤解」のことでしょ?信じてるわ★
FC限定もめっちゃ楽しそうだがチケット取れる気が全くしない。
男性限定・女性限定とか恐ろしいよね・・・色んな意味で。
男装・女装して入場目論む人とかあるんだろうか。流石にないかー。
他所のバンドは女性が男性限定ライブのチケット取ってたなんて話も聞いたが。

だがしかし!
最終日「天下逸品 京都磔磔本店」の対バン相手見て「これや!」と。
DMBQ
ですよ、奥さん。奥さんて誰に呼びかけてんねん。
(あまりの衝撃に「ですよ」って打てなくて「ですお」打っては消し打っては消ししてたのは内緒だ)
思わず文字サイズ300%にしてしまった。
DMBQ観られるなら、これ一択だよな!
一昨年のキング・クリムゾン、去年の生幸宏さん、TIN PANに続く「まさか生で観る日が来るとはな」シリーズに続きますように。

一択と言いつつ「EARLY~」と両方頑張ろうかな、とか迷っている。