社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

大銀魂展 at 大丸ミュージアム梅田

正直なところ、ガラかめカフェは長時間待つのを覚悟していた、2時間までなら待とうと思っていた。
こちらが長時間待つ事になるとは・・・。

梅田大丸に行ってみると、整理券が配布されていた。
一旦諦めようとしたが、「他に寄りたいとこ周ってたら待てるのでは?」と思い直して貰ってきた。
何番まで呼び出されているかはサイトで確認出来るんだねぇ。
スマホぽちぽちしながら春水堂のタピオカドリンク飲んだり資材見に行ったりする。
タピオカドリンク美味しい。タピオカちょっと固め?
f:id:sociologicls:20170729113411j:plain
資材のついでに最近の流行りらしい「ヘアバトン」の現物探したけど、なかなか見つからない。
余ってる大粒パール使うのに良いかなぁと考えている。

さて本題。
会場入るとすぐに万事屋の3人が土下座している。ここだけ撮影OK。
f:id:sociologicls:20170729123154j:plain


チケットもぎりのとこで名詞を渡されるが、隣は説明あったけどこちらは無くて一瞬「へ?」となってしまった。
或る程度人が入ると、カーテンの向こうへ案内される仕組み。
ここで「大銀魂展」の概要説明の映像が流れる。
因みに前方にある椅子は便座型。ふたもあった。
そこから展示へ。

展示は生原稿と作者コメント。
あと将ちゃんとか・・・。
原稿は「こんなに細かかったのか!」とびっくりした。
これだけ話が凝ってて細い線で細かく描いてはったら、そりゃギリギリになりますわなぁ。
どこも詰まってるのはじっくり観る人と音声ガイド使ってる人が多かったからだと思う。
勿体無いけど、その間をずばばーっと観てきた。
途中やばげなカーテン潜ると、「銀魂」でパロったジャンプの作品の作者の色紙とコメント、それに対する空知のコメントが展示されていた。
愛されてるなぁ・・・。
最後に空知の仕事部屋(机)の再現が展示されていたけど、何ペンでペン入れしてはるんやろ。
面白かったけど、ゆっくり観たかった。

物販はそんなに買い物する心算なかったけど、何故か羊羹買ってきてしまった。