社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

若いつもりが

美容院に行ってきた。2月以来5ヶ月ぶり。
今年は花粉が顔に来て湿疹酷くて・・・髪が当たるとことか生え際とか特に酷くて、髪切らずに纏めた方がいいかなと思って・・・と言い訳。
席に置いてあった雑誌が週刊誌に婦人画報で「これが年を取ると言う事か・・・」とショックを受けたが、その後雑誌を入れ替えてくださって安心。
年内にもう1、2回行けますように。

今週末読んだ色々。
Oggi
地味に載ってるフェスコーデにツッコむ気力も無く。スタイリストかなんかの人が紹介してた。
他の女性雑誌のフェスコーデよりはいい。足元サンダルで大丈夫かはさておき。
それで実際にフェス行ってはるんやったら、ええんやないですかねぇ。知らんけど。
・MORE
銀魂」関連の特集が載ってるとは。
はあ某は炎上してボロカス言われる事が厭なら、それ以前に出来る事があるんじゃないかね。
・Kansai Walker
ガラスの仮面」カフェが気になる。サプライズって何だろう?
美容院の近所のオサレカフェが紹介されていた。
帰りに前まで行ってみたが、オサレ過ぎて入りづらかった。
美容院行った直後だしちゃんと顔作ってるから、オサレなとこに行くには最適なタイミングなんだが。
10~20代のオサレなインスタか顔本やってる人じゃないと入っちゃダメそうな雰囲気で。
インフルエンサーが商品紹介する時、何で画面の半分は自撮りなんすか?」「そもそもインフルエンサーって?*1」って会話してるようじゃダメなんだよ、ああいうとこは!って思ってしまった。
でもそのうち行く。
双亡亭壊すべし(5)(藤田和日郎少年サンデーコミックス
訳わかんないけど切ない・・・。
青一の方の闘いと凧葉の方の闘いがリンクする・・・いや、まだ他の勢力(?)があるのか。
しかし凧葉のこれまでの人生、ヘヴィなような。それでもひょうひょうと勝っていってるって、登場人物の中で最強なのかも。
で、次が前編クライマックスって、早っ!
後編が10巻分以上あったりして。
・マッチョグルメ(成田成哲/ジャンプコミックス
なんだかんだで単行本も買った。
ほんっとにこの人マッチョさん描くの好きそうで。描き続けて欲しいなぁ・・・と。
巻末おまけページ的なものを期待していたが、そういうのは無くて番外編が掲載されていた。
「ジャンプ+」掲載時にも思ったけど、ご飯が美味しそうでずるずるしてないのが良い。
ずーっと続けていけそうだけど、それも難しいのかな。

それこそ“インスタ映え”しそうな外装なのに取り壊しなんかな・・・ちょっと切ない。

*1:滑舌悪くて伝わってなかったんだろう