社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

実写版「銀魂」

連休だし出掛けるべや、という事で実写版「銀魂」観てきた。
わりと座席は埋まっていた。意外と中高生男子多い。
ぎりぎりで駆け込んだので予告のジョジョハガレンも観られた。わはは。斉木楠雄の予告も観たかった。

以下ネタバレする事はないと思うけれど気になる方は注意されたし。後日ご覧下さい。
一言だけ言えるのは
安田顕佐藤二朗ファンは幸せになれる映画だ。
あんなに大画面で安田顕のどアップ観られる映画も珍しいのではないだろうか。知らんけど。





とはいえ紅桜篇にカブトムシの話を足してある感じなのでネタバレもクソもないが。
キッズチャンネルで何度も「銀魂」の再放送観てる割に何故か紅桜篇とは縁がなく、わりとうろ覚えだったので丁度よかった。
1話目のエピソードから上手く繋いでカブトムシ、紅桜篇へ。
正直「銀さんは杉田アテレコ版も上映したらいいのに」と言っていた位だったが、土下座したい。
その位違和感無い、全員。
予告・CMで観た新八の”新八そのもの”感が一切損なわれていない。
すごい。
橋本環奈のハマりっぷりも。続編でにーちゃんとの喧嘩アクションも観たい。
原作・アニメ版やらキャスティング・世相のメタなネタもいい具合に織り込まれている。
オープニングだけで涙出るほど笑った。
シャアもナ○シカも観られる豪華さよ(笑)。あれ大丈夫か。

その他。(思い出したら色々追記するかも)
ジャスタウェイが色んな所に出てくる
・紅桜がライトセーバーぽい
安田顕は只管大声で喋り続ける、心の声(多分)も大声
・また子の太腿にお妙さんの太腿
・神楽は黒いボトムの方がよかったような気もしたが、周りが暗めの衣装・背景だから赤が映えてよかったのかも
・紅桜に乗っ取られた似蔵のゴリラ感
・チャンバラ見事だった
・最後の銀さんと高杉の殴り合いでは一瞬昔に戻れたのだろうか、でももう戻れないんだよなぁあの日には
CDTVネタがあるとは
・大食い選手権、コマさんはさすがテレ東?

エンディングも持っていかれましたな。
個人的にはあの歌のまま終わりまでやってくれてよかった。
UVERも悪くはないが良くはない感じで。
エンドロールで「プロジェクトA」(だっけ?)みたいにNGシーン流しても面白かったような気がする。
たまたま昨日攘夷一派への潜入試験ネタの話してたとこだったからか。

すごく「銀魂」愛されてるなぁ、という映画だった。
愛されてて、理解もされてるから、単にストーリーを忠実になぞるのでもなければ変な改編もない、「銀魂」のおいしいとこ、面白いとこが活かされた映画になってたと思う。
こんなに幸せな実写化も昨今では珍しいような。そうでもないか。

どうでもいいニュース:
映画館でも自撮りするの流行ってるんですかね。上映中ではないとはいえずーっと自撮りしてる子達がいた。
通行の邪魔になってたよ。。。