社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

活字

こりゃダメだ

メルカリで何冊か纏めて購入したら、完璧な梱包だったんだけど持ち主ご自身かお家で使われてると思しき香水っぽい人工物のにおいがかーなり残っていて、それで喉を腫らしている。 しんどい。「週刊新潮」の住野よる連載、今週発売号からやんね。 ・・・って…

山の霊異記 幻惑の尾根/赤いヤッケの男

今週の「週刊新潮」からだべ、とdマガジン見たが、小説は読めないらしい。 例の小説の為にdマガジン解約を保留していたのだが・・・。「山の霊異記 幻惑の尾根」「山の霊異記 赤いヤッケの男」(安曇潤平/角川文庫)読んだ。「黒い遭難碑」の時に 山の怪異…

マツケンを待ちながら

毎回毎回Mステの長時間特番観ちゃうけど、長いよ! 買い物行ってるうちに、家の用事してるうちに、本読んでるうちにマツケンサンバII終わってたらどうしようかとヒヤヒヤしてる。 もう嵐出てるんですが。嵐ってトリじゃないの? 2時間ずつくらいで区切って…

暴れん坊将軍

昨日お稽古前に行ったお店が流行りのキャラノベの世界に飛び込んだかのようなとこで、なんとなく落ち着かない。。。 とか言いつつ本読みながら長居してしまった。 次はコーヒーで。「暴れん坊将軍 江戸城乗っ取り」(井川香四郎/角川文庫)読んだ。 作者は…

不連続殺人事件

昨日はライブ前に錢屋カフヱーまでs-kenさんの写真展を観に行っていた。 もっとごつーいかと思っていたが、穏やかでかっこいい写真だった。 お店の雰囲気に馴染んでいて、写真展の前からずっと飾られていたかのよう。 そのままカフヱーで紅茶飲みながら、本…

はたらく細胞

旧おばか日記のインポート終わらず。 2007年辺りまで移行出来た模様。「はたらく細胞」(1)~(3)(清水茜/講談社シリウスKC)読んだ。 結構巻数もスピンオフも出てたんだなぁ。「BLACK」気になる。 人気あるの分かる。面白いし、分かりやすい。 シリウ…

営繕かるかや怪異譚

どんだけ降んねん。 風とロック芋煮会組は大丈夫だろうか・・・特にブラバン隊メンバー。「営繕かるかや怪異譚」(小野不由美/角川文庫)読んだ。 6つの怪異を、”営繕”で解決してゆく。 宮部さんが解説で仰るように、決して”祓う”のではない。 家屋・庭を…

どす黒い日もあるんですのよ

特設サイト見てきた。 今はコメントは差し控える。・ROCKIN'ON JAPAN続き 某アーティスト、幾らお金積んだんだろうね? 勿論すだ君では無い方です。 地元FMでの流れ方がおかしかったりするんだが。 (ゲスト、チケット先行でもないのに1回の番組で3曲流れ…

君の膵臓をたべたい

コラボの詳細来たァ。 HPまだ見てないけど、だいたい予想通りでカウントダウンするほどか?と思った。 ここからかな(((o(*゚▽゚*)o))) ただ、週刊新潮に連載?コラボのやつが? 野生時代じゃダメだったんだろうか。yomyomじゃダメだったんだろうか。「牛の肝臓…

今回も台風のせい

前々回の「夜更けの囁き」でゆべしスのライブ後お二人がお見送りする中早々に出て行ったお客さんの話をされていたが、未だにモヤモヤしている。 もし自分がゆべしス観に行けてたら、恐らくその”早々に出て行った客”の中に居ただろうから。 念願叶ってやっと…

その先へ

なんだこれ。 THE BACK HORN×住野よるコラボプロジェクト公式サイト このエントリを書いてる時点ではカウントダウンのみである。うちのパソ子のIEだとバージョン古いからか画像すら動かない。 1.THE BACK HORNの曲をイメージした小説 2.住野よるの小説から曲…

ずうのめ人形

ゆべしスや猪苗代湖ズのライブ行かれへん、風ロクも行かない人は松田ファン自称したらあかん気がしてきた。。。「ずうのめ人形」(澤村伊智/角川ホラー文庫)読んだ。 読むと死ぬ小説(原稿)、読んだ人の元に近づいていく人形・・・。 「リング」etc.のホ…

やる気がありません

そろそろヤフオクのWeb広告はグロくも気持ち悪くもない実情に即した品(アーティストグッズ、本・雑誌、楽器しか見ないぞ)を表示して欲しいし、Google Adsenseはヤフオク広告停止する理由に「不快な広告」の選択肢をつけて欲しい。 (等と愚痴っていたらス…

まだ風が強い

昨日の台風は兎に角風が凄かった。 台風来るのけ?な晴れ方してたけど風が強くて、雨かな?と思ったらどっかから流されてきたような降り方(?)してた。 一時的にカオス状態だった仕事も、午後には手が空いてきたので少し早く上がらせて貰った。 風の音ごっ…

Running Pictures/Cinematrix

「Running Pictures 伊藤計劃映画時評集1」「Cinematrix 伊藤計劃映画時評集2」(ハヤカワ文庫JA)読んだ。 これで伊藤計劃の公式に出ている作品の未読が無くなってしまった・・・映画公開の時に出てたムックにあったりする? 今まで映画時評に手を出して…

本の感想お焚き上げ

デス体質を有効活用したい。 発揮したいアーティストに興味を持ち、好きになればよいのでは、それでうっかり実際に好きになれば割合として嫌いなアーティストが減るのでハッピー! ・・・と思ったが、そのレベルだと好き嫌い通り越して生理的に無理だったり…

現代百物語 終焉

お盆休みは半分くらい寝てたような気がする。寝てるかツイッター見てるか。 もうちょっと生産性のある休暇にしたかった。。。「現代百物語 終焉」(岩井志麻子/角川ホラー文庫)読んだ。 このシリーズで読んでるのは「生霊」だった。ばらっばらに読んでる。…

機龍警察 火宅

警察24時系番組観るのは楽しいんだけど、カーチェイスとなると家人が警察をぷりぷり詰りながら観るから、ちょっとしんどい。 しゃーないやん、ゲームみたいな訳にはいかんだろう。 (白バイ隊の四輪版みたいなカーチェイスに強い組織があってもよいような気…

稲子、「YOUNG GUITAR」を読む

インターネッツふらふら見てると「YOUNG GUITAR」の特集が「ギターと関西」だと知った。 ヨシロウさん載ってはるらしいし、と本屋でチラ見したら結構気になる感じである。 腰据えてじっくり読まねば、という事で購入。 気づけばもう次の号が・・・。関西でギ…

5人のジュンコ

「5人のジュンコ」(真梨幸子/徳間文庫)読んだ。 昨年末だったか今年頭だったか、作者さんご自身が見本(献本用?)を希望者にプレゼントしますよ、というエントリを上げておられた。 まー人気作家さんだから希望者多数・・・かと思ったら、1冊頂く事が…

傷だらけでも夢が見たいんだぜ

人生も現実も人それぞれあって。 我我はそういう人様の人生の一部分を切り取って見てる訳で。今日は愚痴っぽくてやーねー。 ・音楽と人 「夢ってひとりじゃ見れないから。2人がいるから大丈夫になる」ってあ〜ちゃんの言葉が良いな。 そんな3人が今見てる…

怪談稼業 侵蝕

少し前から急にアクセス数が増えておりまして。くそほど。 あと顔本からのアクセスがあるみたいなんですが。 誰? 自分は一切やってないぞ。 騙られても困るし、しょうもないのにどうするんだって感じだし。 こちらからは分からない所で晒されてんのかねぇ。…

じゃがりこ、こわぁい

昼休みにじゃがりこ食ってたら奥歯の被せが取れた。 最初は舌で探っても分からなかったので「異物混入!?」と思ったが、ちゃんと自分の被せであった。 歯医者に「左のが取れました」と電話した後で気づく、「右だ・・・」。 それにしてもなかなか予約取れな…

強炭酸だと味がわからない

関東方面の方々、HEREのフリーライブ行ってきてくださいです、自分の代わりに。 バンド・セッションやってる系、ついプレイヤー観ちゃうんだよね系の人には面白いと思う。そうじゃない人も面白いと思う。 ほんまにどこでもドア欲しい。・宇宙のへその緒 HPど…

世界一美しい食べ方のマナー

昨日、道中で欠伸止まらなくて涙ボロッボロ零す位だったんで、今日は昼寝した。 目が覚めてから起きるまでに時間かかってるけど、頭痛くない。嬉しい。「世界一美しい食べ方のマナー」(小倉朋子/高橋書店)読んだ。 久しぶりに実用書系。 「オレンジページ…

気づけばまた蝉が喧しい

思い切ってキューちゃんをあいぽんにつけたらおんまくそ9mm好きな人みたいになってしまった。 それはいいけどキューちゃんの挙動に、如何に自分があいぽんの扱い荒かったかを思い知らされた。キューちゃんもあいぽんもごめん。・ROCKIN' ON JAPAN 「ROJ」一…

夏だー!(何を今更)

YONCEのMCはバカなんじゃなくて、いい事を言おうとして練り過ぎてすっとこどっこいになっちゃってるだけなんじゃなかろうか。 そう考えたら、すごい可愛らしい。7月は継続して読んでる漫画の新刊が一気に出るので、つらかった(財布が)。 ・秘密 season 0…

ペンギン・ハイウェイ

好きなバンドが増えるのはちょっと辛いけど楽しいなぁ。 今年は特に世界が広がる感じがする。「ペンギン・ハイウェイ」(森見登美彦/角川文庫)読んだ。 夏休みに読むの、いいなぁ。 ややネタバレあり。或る意味、お姉さんの謎は謎のまま残されてるのだろう…

今月のギターマガジンが嬉しい

今月のギターマガジンは健さんうぶさんかー、どうしよっかなー読みたいけどなやむー、経済的な問題もあるけど物理的に置く場所が無いんだよなあああ、 等と考えながら「特集以外どうなってんだろ?」とHP確認してて、崩れた。 これを待っていたのだよ。 菅原…

夏の恒例2018

誰も得しない検索ノイズ企画「夏の100冊・ナツイチ的なやつから読みたい本を列挙する」、2018版。 これ見ながら文庫コーナーの前をうろうろするに違いない。2014→夏が来た - 社会学的ラブソング 2015→夏の恒例行事 - 社会学的ラブソング 2016→夏の恒例? - …