社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

案外わるない紅白歌合戦

今年の紅白歌合戦の出演者が発表になりましたな。 帰宅するなり「あ×みょん出るなぁ」と家人から傷口に塩と砕いた唐辛子を刷り込むような仕打ちに遭う。 最近好きで聴いてるバンド*1のベーシストが過去の楽曲に参加してて愚痴りづらいワテの気持ちが分かるか…

怒髪天 一揆一友TOUR~権べ&田吾~ at 神戸太陽と虎

久しぶりの怒髪天、久しぶりの太陽と虎である。 HP先行で取ったら、取れただけ御の字の番号なのであった。 (最近のイープラスは1枚でも優しくなったという噂を聞いたのだが、あれは一部だけなのだろうか)ツアーも中盤で今が一番いい状態!なのだそうだが…

寒さ、本格的に

タワレコオンラインのスマホ広告の件。 最初はこんなかんじで遊んでましたが、1つ「お前誰やねん?」な奴が出続けるようになって。 ググっても簡単には分からないのでポチったら・・・「お前誰やねん?」はやっぱり分からないまま、「この商品見た人へのオ…

クラウドファンディングのリターンのやつ

HEREのクラウドファンディングの「フリーライブ参加出来ないけど応援するぜ!5000円コース」のリターンのCDが届いて写真は撮ったが、 SNS上げてよいもんなん?タグあるんだっけか?後で調べようと思ってそのままだった。 「届いたかな?」なツイ見て、届いて…

切断

あんな凄い人のプレイを日常的に約四半世紀見続けてきたら、そりゃー自分弾けない癖にプロのプレイへの眼差しは厳しくなりますわな。 そんな夜だった。 (そんな凄い人に撮影会あばばばばな件で「新規ファンもおらなあかんから」と宥められたりしてたとは恐…

山水館~Return of the Legend~ at 神戸VARIT.

「夢の続き」を今年も観られるとは! 例によってこれ書いてる人間について”お察し”の方は、そのまま放置しておいてください。 本文不愉快な方は”そっ閉じ”をお願いいたします。それはさておき。 まさかのA・B・C同時入場とは・・・びつくりよ。開場時間まで…

象られた力

ぼんやりした状態が、名づけられる事で形を持つの、面白い。 現象学がそんな感じだが。 「オルタナ」も「推し」も「萌え」も、人それぞれの”定義”があるもののその名称を”名乗る””名づける”事で形を持つ。 後から「オルタナって何だ・・・」「この界隈で”推…

ボヘミアンラプソディ

映画観に行く時は予告もちょっと楽しみにしてる。 「ニート・ニート・ニート」「来る」は地味ーに映画館や映画館のあるショッピングセンターに広告はあるものの映像は観られず。 楽しみにしてる・・・とはいえ入場後客席が明るいうちにガンガン流れてるやつ…

などらきの首

いよいよ読む本が・・・雑誌はあるにはあるが。 棚片付けてる時に出てきた本、再読しよう。「などらきの首」(澤村伊智/角川ホラー文庫)読んだ。 怪異的怖さもサイコ的怖さフィクションが現実を越える怖さも。怖さの総合デパートや~。(何故か彦まろうと…

21g/カルマの花環/9mm Parabellum Bullet

「9mmの日」スペシャルそういえば観てないわーってもっかい観直した時、iPhoneじゃなくてiPadにしたんだが、iPad+イヤホンだとすげー音が良かった。 ギター3本分かれて聴こえる、ほぼ滝だが。てな感じで「21g/カルマの花環」聴いて、このエントリ書きかけ…

終日、午睡。

↑タイトルおかしいって、いくら眠くてもさぁアイドルって、10代のうちからそこまで人様の人生背負わなきゃならんもんなんかねぇ。 他に進みたい道があるなら、早いうちに進めばよいし。 「さよなら」をファンからも言わせて欲しいとは思う。 (けど、人前に…

読者って増やしたいもんなの?

今更な話。 ツイッターでも愚痴ってたんですが、この件。 blog.hatenablog.com 「読者増やしたいから、他のブログの読者登録をする」って、はてなブログに引っ越してきて一番されて厭だった事かもしれない。 引っ越してブログの読者増えて「読者登録しはった…

楽園追放 rewired サイバーパンク SF傑作選

そろそろ昼休みの拡張を停止したい。「楽園追放 rewired サイバーパンク SF傑作選」(虚淵玄、大森望編/ハヤカワ文庫JA)読んだ。 そういやあサイバーパンクってあんまり知らんかったよなぁ、と。 1980年代の作品が案外古くないもんだ。その頃の”未来”は今…

須磨くるくる

須磨歴史紀行スタンプラリーをちょいと回ってきた。 今年はくるりのスタンプラリー無いみたいだし、ポケGOのリサーチで「回したことのないポケストップを8個回す」というタスクを出されたので、ポケストップ回しがてら須磨をうろうろしてこようか、と。 と…

土曜が祝日だと損した気分

今日、いい天気だから抽斗に風を通すとよい機会だったんだな。 と日が暮れてから思いだす。半日、雑誌や漫画読んでたのであった。 ・ROCKIN' ON JAPAN 爆飲会アシだー!サトマの出番殆ど無しだがいい顔してはる。 庄村臨時大臣、すっかり男前イケメンさんや…

NOVA10

鉄瓶も鉄の急須もあるけど、探している本は無い。 蔦屋書店には。 堂島のジュンク堂には、あった。 日に焼けたのか、背が色褪せた本。 5年前から待っててくれたん?って感じで。それが「NOVA10」(大森望・編/河出書房文庫)だ。完走したぞ。面白かった作…

ALL INDIES THE BACK HORN

今年はここ数年(下手すりゃここ10年)で一番CD買ってる気がする。 感想が追いつかない。「ALL INDIES THE BACK HORN」聴いた。 その前まで他のバンド聴いてたんだが、THE BACK HORN聴くと「あぁー帰ってきたあああ」と靴脱いで裸足になって畳の上に体投げ出…

探偵が早すぎる

驚き過ぎると「クリムゾン・キングの宮殿」のあの顔にすらならないもんなんだな・・・。「探偵が早すぎる」(井上真偽/講談社タイガ文庫)読んだ。 上下巻だが、電子版の合本版で一気に読んでいる。 意外とまとも、もっとすっとこどっこいでそりゃ無いぜセ…

イイネで広がっていったぞ問題

Twitter社がイイネ無くすのを検討中らしいが。 (・・・等と書きかけているうちに”飛ばし”であるという話も出てきたが、こっちの話を続ける。) 困るよ、アーティストのブログ読んでリアクションしたいがコメント書く程じゃない、はてなならスター付けるのに…

年末が見えてきた

フローフシ人気だったんだな。 はてなの人気ジャニオタさんブログで知って、パックを使ってみた事がある。 終了のニュースにショック受ける方をそれぞれ違う界隈で見かけたもので。クリスマスコフレの季節、いよいよ年末だ。 ・美的 頭ゴリゴリ刺激出来るブ…

キツネツキ 1st ALBUMリリースツアー「こんこん古今東西ツアー2018」 at 大阪BIGCAT

まだ10/31じゃないのに街中ハロウィン。 素でぬっへっほうの仮装してるよーな自分は、「なーにがハロウィンじゃ」とBIGCATへ急ぐのであった。 キツネツキの先行物販の為に。 缶バッジはメンバーイラスト以外を引くだろうと思っていたら4個中1個だけ卓郎画…

キツネノマド/キツネツキ

都市伝説的に「作品についてブログ書いたのを本人がご覧になってる」場合があるとは知っていたけれど、それが可視化されるのは未だに慣れない。こわい。 でも猫(自分の場合は狸かな?)被って書くぞい。明日ライブ行くんでキツネツキの「キツネノマド」を聴…

もはや月報

友人から「最近スイーツの話見ないね」と言われて、はッ!となった。 セブンスイーツアンバサダーのツイートはしてるものの、こちらには纏めてなかったなぁ。 という事で一気にいきます。 一部ツイッターでお送りします。 まるで大学芋なオールドファッショ…

NOVA+ バベル

最近ブログでは音楽の話あんまりしてないような。 わりと音楽漬けではある、相変わらず。 放っておくと「『徳ダネ福キタル』の時のマツが輝いてた・・・」としか口走らない気もするから、これでいっかー。「NOVA+ バベル」(大森望・編/河出書房文庫)読ん…

中野の森BAND

ニコ生のタイムシフトって、予約しても観るのすぐ忘れちゃう・・・フジのコメント観るの忘れてた(泣)「中野の森BAND」(能町みね子/ロフトブックス)読んだ。 表紙はふわかわ。 メインは森ガールに憧れる茨城の女子高生テテ子がYUKIちゃんやのあのわに憧…

黒死館殺人事件

毎年この季節に現れるドラフト指名を待つ方、プロ志望届を出し忘れる方、来年頑張りましょう。 そんな自分は年俸制の方の契約更改を「ドラフト」と言っていた。「黒死館殺人事件」(小栗虫太郎/河出文庫)読んだ。 さっぱりわけがわからないよ! ネタバレ感…

夢工場ラムレス

「夢工場ラムレス」(河邉徹/KADOKAWA)読んだ。 積読が尽きて、昼休みに何を読めばよいのだ・・・と困っているところに、届いた。 honto+の懸賞当たったんである。わーい! 作者はWEAVERのドラムの人。夢を修正する事で、現実を変える事が出来る、夢工場。…

走れ!

ライブ帰りに電車乗り継ぎで走ってる時に急に足が重くなったり力抜けたりしてるんだが、もしかして「ハンガーノック」というやつ?と考えている。 マラソン・自転車方面の方はご存知だと思う。 ハードな運動していて、急に低血糖になるんだっけか。 (ライブ…

音楽ビジネス革命

ハナレフジ千秋楽の話は後日。 こないだの残響の話見てくれてはる方がちょいちょいあるようなので、このエントリ上げて寝る。こないだのやつ、ぐだぐだ言うだけなら簡単なんで「音楽ビジネス革命 残響レコードの挑戦」(河野章宏/ヤマハ)読んでみた。本が…

ハナレフジ LIVE TOUR ”宝船” ~僕らはすでに持ちあわせている~ at Zepp Namba

Zepp NambaとZepp Osaka Bayside間違えたらあかんで! ・・・って何度も自分に言い聞かせてるのに、間違えた。 未遂だけど(チケットショップで大阪ー桜島の切符を買ってしまった)。Zepp Namba久しぶり。 現地でオピ兄ことライターの鈴木さんらしき人を見か…